So-net無料ブログ作成

甲板塗装 [天城 1/700]

長大な木甲板の塗装を始めます。
DSCN3179.JPG
まずはMr.カラーの『サンディブラウン』を全体に薄く吹きます。

この上から、タミヤアクリルでやや濃く調色したブラウンを面相筆で引きます。
DSCN3183.JPG
規則的にならないようにランダムに

グレー系を混ぜて彩度を落としたブラウンを足します。
DSCN3185.JPG

そしてさらに、ホワイトを加え明るくしたものを。
DSCN3187.JPG

使ったのはこれらの塗料
DSCN3191.JPG
はみ出しを気にせず塗ったので、接写するとムラムラです。
DSCN3189.JPG
ここから怒涛のごまかし…もとい、調整作業が始まります。

タミヤアクリルを溶剤でぼかした後、最初に塗った『サンディブラウン』を改めて重ね塗り。
DSCN3193.JPG

その上からタミヤエナメルの『ジャーマングレー』でウォッシングを施します。
DSCN3195.JPG

上から順に、こんな4層構造になってます
・グレー(タミヤエナメル)←スジ、陰影
・ライトブラウン(Mr.カラー)←全体の色調を落ち着かせる
・3段階のブラウン(タミヤアクリル)←アクセントをつける
・ライトブラウン(Mr.カラー)←下地
DSCN3197.JPG
潮風にさらされて褪色した木甲板の質感を目指しました。八八艦隊の「夢の巡洋戦艦」にしてはちょっと小汚いかな…? また重ねて少し鮮やかにするかもしれません。悩ましいところ。

次回より上部構造物の工作に入ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。