So-net無料ブログ作成

船体組立て その2 [三笠 1/350]

船体側面に長く伸びるキャットウォークはエッチングパーツに置き換えます。
DSCN3671.JPG
キットパーツと同様、前・中・後の3つに分割されています。下部の三角形サポートも再現され精密感アップに貢献。

DSCN3672.JPG
しかしこのパーツ、接着が非常にシビア! 副砲郭の曲面部分をまたぐこともあり、パーツ間に隙間が生じてしまいます。

解決策はこれ
DSCN3674.JPG
キットパーツから砲門扉のみを切出し、継目部分を隠すように取付けます。継目は全て砲門扉の部分に重なるようになっています。まさかこうなることを見越しての設計か。
エッチングパーツにはそれらしきモールドもありますが、ここはとりあえず隙間を隠すことを最優先。


なお表面処理を終えた船体は「スーパーシルバー」を塗って下地としています。
ライバル艦でも試した塗装法ですが、重厚感というか金属感が気に入っています。コンパクトデジカメの写真では伝わりきらないのが残念ですが…
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。