So-net無料ブログ作成

天守閣 その3 [鶴ヶ城 1/460]

棟上げじゃああぁぁ!
DSCN4886.JPG
ダボ穴も何もないので、はみ出すくらい接着剤をつけてガッチリと組みます。それでも四隅にできる隙間はポリパテと瞬間接着剤で埋めます。

瓦屋根は断面が分厚い(1mm弱=40cm相当)ので
DSCN4773.JPG
デザインナイフとノミで削って半分くらいまで薄くします。
DSCN4772.JPG

さらにひと手間。
DSCN4678.JPG
パッケージ写真には白いギザギザが! ということで、瓦屋根を支える「垂木(たるき)」を再現しましょう。

写真によると断面は明らかに四角いので、0.3mmくらいのプラ角棒を並べて…と考えましたが、近所では入手できず。田舎暮らしは辛いものです。ディティールアップ素材をわざわざ通販で買うのはかったるいので最初に誓った「素組みの精神」に反するので、伸ばしランナーで代用することに。適当な長さに切った伸ばしランナーを並べていきます。ここでも窓の格子と同様に、「はじめコッテリあとサラサラ方式」で接着剤を使い分けます。
DSCN4793.JPG

うまくいった例
DSCN4888.JPG
太さ・間隔ともに均等にできましたー

イマイチな例
DSCN4889.JPG
とにかくたくさん接着しようとして汚くなってしまった。太さも間隔もバラバラ。

5層完成の図
DSCN4887.JPG

全てはこの瞬間のために
DSCN4890.JPG
作業量と見栄えのコストパフォーマンスはあまり良くありません(大河ドラマを見ながらチマチマとプラ棒を並べている間に、会津藩は京都を追われてしまいました)が、見上げた時にだけチラリと見えるこの感じはなかなかいいですね…
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

VAN

お久しぶりです。上棟式おめでとうございます。
面白そうなことやってますね〜。
それはそうと餅まきはないのでしょうか。
by VAN (2013-06-29 17:10) 

kto

>VAN さん
ありがとうございます。
餅まきまでは考えていませんでした! モデラー諸氏に喜んでもらおうと思ったら、パテまきやサンドペーパーまきになりましょうか。
by kto (2013-06-30 01:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。